こんばんは、皆さま!
猛暑にやられて夏バテ気味のサマンサ=サムです💦

皆さんはこの、夏どうやって過ごしていますか?
私は暑すぎて日々を生き抜くのでやっとです💦💦

さて、雑談はこのくらいで・・・

前回までのブログで古着には4種類あるんだよ~と
お伝えしてきましたね。
今回はその3種類目『ブランド古着』について書いていこうと思います。

ブランド古着とは?

いつもブログネタのリサーチでお世話になっているFeelingFashionさんでは下記のように記載されていました!

 ヴィンテージでもレギュラーでもない、現行と呼ばれる最近の服の古着です。

特に、ドメスティックブランド 、インポートブランド、セレクトショップオリジナルなどの古着をブランド古着と言います。

しかし、ファストファッションやノーブランドの古着は、ブランド古着と呼ばない事が多いので注意です!

出典:FeelingFashion

 

なるほど・・・色々聞き慣れない単語が飛び出してきて頭がパンク寸前です💦

が、ざっくりと説明をするとこんな感じです。

 

ちなみに、先ほど出てきたブランド部類を簡単に説明すると・・・

  • ドメスティックブランド・・・日本で生まれた「国内のブランド」
  • インポートブランド・・・海外から輸入されたブランド品 
  • ノーブランド古着・・・一般的にファストファッションの部類低価格帯での物が中心

調べてみたところ、上記のように説明がされていました。
ノーブランド品に関してだけは、明確なルールが設けられていないそうなので、総括してこのように説明させて頂きます💦

代表的なブランド古着

 定義は分かったけど、どういった物がブランド古着なのか

ここで一部例を挙げてみます。

<例>
セオリー
ツモリチサト
23区
メゾンキツネ
ユナイテッドアローズ
アニエスべー
アーペーセーなど

これは私の見解なのですが、もしかしたらアウトレットなどで展開しているブランドさんがこのブランド古着に分類されることが多いのかもしれません!(あくまで、私個人の見解です💦もしかしたら、違うかも・・・)

 

いかがでしたか?
だんだんと古着の奥深い世界に興味惹かれてきませんか?

ちなみにto blossomのオンラインショップでも古着を取り扱っていますので気になった方は、ぜひこちらもチェックしてみて下さい♪
https://shop.to-blossom.jp/collections/story-about-vintage-clothes

 

前の記事 次の記事

足跡:最近見たアイテム

購入可能