トゥーブロッサムを知っている方も、そうでない方にも今回はブランドのテーマにもなっている映画『ザ・シークレットガーデン』に登場する
お洋服の歴史を一緒に紐解いていこうと思います。

舞台はファッションの英国とも呼ばれている、20世紀初頭のイギリス

詳しいあらすじはここでは割愛させて頂きますので、悪しからず。
しかし、ファッション(特にクラシカルな装い)が好きな方には
ぜひ一度は見てもらいたい作品となっております。
(筆者は既に鑑賞済み、とても素敵な作品でした。)

https://www.youtube.com/watch?v=wjlcuBQjCe8


だいたい100年前のイギリスが舞台となるこの物語…劇中に登場する人物達の装いに私は心を奪われました。もともとワンピースやブラウスが好きだった私。どのお洋服も可憐でどこかノスタルジックに感じられました。

観終わった後『たった100年しか経っていないのに、ファッションはこんなにも変わってしまうものなのね…!』と驚愕しました。
さて、私の感想はこのくらいにしておきましょう…本題に入れなくなってしまいますからね。

登場人物メアリー・レノックスに見る20世紀初頭のイギリスファッション

今回は、映画の主人公であるメアリー・レノックスという少女にスポットライトを当ててお洋服の歴史を紐解いていこうと思います。


メアリーが着用しているお洋服の最大の特徴は…
『ゆったりシルエットで動きやすさ重視 』です。

この時代より前、コルセットできつく締め上げた窮屈なウエスト、
たくさんのペチコートでボリュームを出した裾が長いドレスが
主流でした。

しかし今からざっと100年前、女性の社会進出が急速に進むにつれそれまでウエストを締め上げていたコルセットは取り払われ、ボリュームダウンをして裾が短くなった動きやすいドレスが好まれ始めました。

ですので、劇中のメアリーが着用しているドレスもゆったりとした
シルエットの物が多いのだと思います。

まぁ、彼女がまだ少女という事もある為コルセットが必要じゃなかったというのもあるかと思いますが…。

 現代にも残るお洋服の数々…ルーツはまさにここから


さて、ここからは私が特に好きな衣装を1つ紹介させてください。

この写真に載っている大きな襟フリルブラウスとチェック柄の
ジャンパースカートの組み合わせ、何とも言えぬ可愛さじゃないですか?
ブラウスは無地でシンプルに見えますが、大きな襟フリルに
目を奪われてしまいます。

ジャンパースカートのチェック柄も色合いがモノトーンなので、
ブラウスとの相性もバッチリです◎

ここまで紹介したお洋服、実は現代にも色濃く残っているものなんです。
…え?そんな事とっくに知ってるって?
まぁまぁそう言わずに、今回は長くなりそうなので
この辺にしておきます。

次回は『ブラウスとジャンパースカートの歴史』を
一緒に見ていきましょう♪

 

前の記事 次の記事

足跡:最近見たアイテム